えっ!そうなっているの?敷金と礼金の現状について

物件の情報を必ず書かれている項目

不動産の物件情報を見ると彼方ず目にするのが敷金、礼金という文字です。
この二つ、賃貸を探し始めた人はただ初めに支払うお金というだけでその意味に関してはあまり知らない人も多いのではないでしょうか。
ここでは敷金、礼金はどういった理由で支払うのかと、現状について解説していきます。

敷金、礼金の意味を知ろう

まず、敷金と礼金というのは賃貸を契約した際に初めに支払うお金です。敷金も礼金も契約した際に支払って以降は払うことが無いお金です。
ただ、この両者支払うお金の比率としては大きいので賃貸を借りる際に大きな負担ともなっています。
まず、敷金は大家さんがもしもの時に利用する預かり金と考えておけば間違いありません。
万が一お金が用意できなくて家賃を滞納した場合、または入居中や退去時にどうしても修理しなければいけない部分が出てきた場合などは、この敷金からいくらか捻出されることになるのです。
ところが最近は不況からかこの敷金が無いというところも増えてきていて、大家さんが有事の際のリスクを一手に背負うような状況になっています。場合によっては借りた側に費用を負担させるいうケースもあります。
あまりに多い敷金は考え物ですが、多少の敷金は部屋を借りる側にも急な負担を避けることが出来るというメリットがあるのです。
次に礼金ですが、これははっきりいって形式的なお金で、大家さんにこれからよろしくお願いしますという意味合いのお金です。
しかし、この風習は今では崩壊しているといっても過言ではありません。
ここからが驚きの事実ですが、現在、支払った礼金は大家さんにはいかず、ほとんど不動産会社の懐に収まっているのです。

旭川の賃貸はマンションや一軒家、ワンルームなど多数あります。条件が叶う物件が上手く見つけやすいです。